• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

フラット35・35Sとは・・・ 違いを教えてください?

フラット35の融資を利用する場合は、住宅金融支援機構が認定するマンションである
ことが条件となります。

認定マンションとは、住宅支援機構より認定を受けた設計事務所等
が物件を審査し『適合』しているマンションに『適合証明』を発行します。
適合証明が発行されたマンションが融資対象になります。

実務的には、購入物件が確定した段階で設計事務所に調査を依頼します。
『適合証明』の発行には費用がかかりますので物件が確定した段階での
依頼となります。

この手続きは全て『横浜りのべ』が代行致しますのでお客様の手を煩わす事はありませんので

ご安心下さい。


次に、フラット35基準を満たしているマンションとは?
これは、細かい決まりがありますが非常に解り難いので

『横浜りのべ』の独自基準がありますので参考にしてください。

但しこれはあくまでも目安ですので参考程度にしてください。

①平成築の比較的新しいマンション。
②総戸数が20戸以上(目安です)
③管理形態が全部委託
④管理費・修繕積み立てが分かれていること
⑤管理組合がしっかりしいること
⑥長期修繕計画があること

この条件に適合していればほぼ可能です。

お客様にご提案するマンションは、適合しているであろう
物件をご紹介してゆきますので、最初の段階では気にされなくても
良いかと思います。


次にフラット35S  についてです。

フラット35Sは、簡単に説明すると、

『フラット35より更に耐久性・断熱性等に優れたマンションに対して

金利を優遇しましょう。。。』

という制度です。

これも、見分け方は簡単です。

①住宅金融支援機構のHP上にフラット35S基準のマンションが記載されています

②フラット35規定に当てはまるマンションで、

            浴室に手摺が着いている事

こんな簡単な基準なのです。

 

では、手摺がついていない場合はどうするか・・・。

この場合は、フラット35Sは使えません。

ですが、実務上は

浴室に手摺がついていない場合は、手摺の取付をお願いする方法を取ります。
(売主さんと相談にはなりますが。)

ココがリノベーションに強みの有る『横浜りのべ』ならではです。

 


フラット35Sの認定が受けられれば、

10年間1%の金利優遇が受けられます!!


このメリットは大です。

 


フラット35の魅力は、

・全期間固定金利であることです。

金利水準は

SBIで、1月金利は2.41%です。

従ってフラット35Sを利用できれば

1.41%という驚異的な低金利です。
(変動金利の優遇金利と同水準です)

デメリットは
団体信用生命保険料が、別枠になっていますので、
毎年融資残高に対して保険料の支払が発生することです。

 

もう一点、大きな注意が必要です!!


フラット35Sの1%金利優遇制度の期限が、

平成23年12月末までの時限政策なのです。

 

不動産購入は、市場環境も重要ですが、有利な融資制度を上手く活用することが


重要です。

 

この辺りも念頭に置きながら、良いマンションを探してゆきましょう!!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  横浜りのべのホームページの物件情報が全て見える会員登録はこちら!!!