• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

WBC連覇 おめでとう!!

WBC連覇 おめでとうございます!!!

侍JAPANが、世界一を決め日本中が歓喜しています。

管理人も野球が大好き(巨人ファン)で今回の世界一に興奮しています。

侍JAPANは、北京オリンピックとは明らかに違ったチームつくりをしました。

メジャーリーガーが参加したとはいえ、そのこと以上に、チームは監督により大きく変わることを実感させられました。

今までのWBCの監督は、ミスター(長島)・王・星野さんと、カリスマ性のある日本球界を代表する方が歴任してきました。

長島JAPAN・王JAPAN・星野JAPANと呼ばれていましたが、原JAPANは、原JAPANではなく

『侍JAPAN』と呼ばれています。

これは原監督の演出によるところ。

原監督の凄さをこの『侍JAPAN』が証明しています。

日本を代表するスター選手を一つにまとめ難しさは、北京オリンピックを見れば明らかでした。

原監督は、原JAPANでなく侍JAPANとし、イチローなど個性的な選手達を見事に纏め上げました。

見事としか言いようがありません。

原監督が勝負所で、決断を下す場合には『誰と失敗するか』を基準にするそうです。

選手たちが意気に感じないわけがありません。

また原監督の持論の中で、『リーダーにカリスマ性は要らない』といっているそうです。

言葉ではなく、結果で実証しました。

原監督は、現役時代から素晴らしい成績を残してきた名選手でもありますが、BIGチームの巨人では、長島さん・王さん

と比較され高い評価を受けきれていない部分がありました。

そんな厳しい環境の中で培われた忍耐力や、あきらめない精神力を生んだのかもしれません。

今や、日本の誇れる名将です。

これからも、原辰徳監督はベンチマークです。

 

今回のWBCは、感動の連続で、日本に元気を与えてくれました。

WBC経済効果は550億円とも言われているようです。

たくさんの感動と元気をもらいました。

ありがとう!!

 

 

================================================

【横浜りのべ】 = 【不動産仲介(中古マンション)】+【リノベーション(設計・施工)】

     中古マンションの購入からリノベーションまで全てを一社で完結させるワンストップサービスを実現

================================================

CAFE  『 big smile 』 オープンしました

オフィスを移転し、新店舗をOPENします。

移転先は 横浜市中区太田町2-26 です。

詳細は追ってご案内しますが、併設された

CAFE 『big smile』

が先行OPENしました。

早速「ヨコハマ経済新聞」に紹介記事が載りましたので転載します。

 

 

関内・太田町通りにテークアウト専用のカフェ「big smile」

(2009年03月09日)

この記事の場所を見る

関内・太田町通りにテークアウト専用のカフェ「big smile」

写真を拡大

関内太田町通りにオープンした自然派テークアウト専用カフェ「ビックスマイル」。外壁には横浜国大発ベンチャー企業開発の新素材を採用

 

 

================================================

【横浜りのべ】 = 【不動産仲介(中古マンション)】+【リノベーション(設計・施工)】

     中古マンションの購入からリノベーションまで全てを一社で完結させるワンストップサービスを実現

================================================

 

スケルトンにする

 『スケルトン』ってご存知でしょうか?

 

 この状態を『スケルトン』と呼びます。(中古マンション)

 スケルトンにして全てを自分の思い通りに新しく造りかえる

 これが【横浜りのべ】推奨の中古マンションリノベーションです。

コストがかかりそうだし・・・

ここまでしなくても・・・・

といった声が聞こえてきそうですが、実はここに大きな勘違いが働いているのです。

リノベーション(リフォーム)のコストアップの一番の要因は、見えない部分の危険負と取り合い補修費用です。

既存を生かしながら進める分、工事のスピード(効率)が落ち、結果的に高くついてしまうのです。

全面的に手を入れる場合は、思い切って全部壊してしまう方が効率が上がりコストダウンになることが多いのです。

また、設計も、制約条件が軽減するため、面白いプランニングが出来ます。

専有部分の給排水管やガス管などの配管は全て新品に交換します。

中古マンションをスケルトンにしてリノベーションをする事は、

専有部分全てを新築に生まれ変わらせる事なのです。

【横浜りのべ】では、価格・仕様を明確にし、安心してスケルトンリノベーションが出来るようにパッケージ商品を準備しています。

Renofull(リノフル)

Renochoice(リノチョイス)

詳細は お問い合わせ下さい。

 

================================================

【横浜りのべ】 = 【不動産仲介(中古マンション)】+【リノベーション(設計・施工)】

     中古マンションの購入からリノベーションまで全てを一社で完結させるワンストップサービスを実現

================================================

新婚カップルDINKS・シングルを応援します!!

【横浜りのべ】 = 【不動産仲介(中古マンション)】+【リノベーション(設計・施工)】

     中古マンションの購入からリノベーションまで全てを一社で完結させるワンストップサービスを実現

-------------------------------------------------

近年、住宅を買う人たちが変わってきました。

若い世代の新婚カップルやDINKSと、SINGLEの方たち。(特に女性が目立っています)

先行きの見えない時代だからこそ、自立した生き方を選択している。素晴らしいことだと思います。

若い世代の方たちの価値観の変化に伴い、我々供給側の意識も変わっていかなければいけません。

特に大きな影響を与えるのが金融機関です。

我々プレーヤーが、面白い商品を開発しても、金融がつかなければ形になりません。

1.SINGLE(特に女性)の住宅ローン

2.若い世代の住宅ローン

3.中古マンション購入と同時にリノベーションをする場合のリノベーション費用

上記3つのパターンでローンを組む事は、数年前には非常にハードルが高いものでした。

SINGLE・DINKSに対する制度は開放され、一般的になってきました。

最近ではこんな 女性専用のローンまで出来てきました。

(アラフォー・アラサーの心強い味方です)

 

 そして問題はこのローンです。

3.中古マンション購入と同時にリノベーションをする場合のリノベーション費用

このローンは、まだ一般化されていません。

それを知らずに、中古マンションを買った方が、リフォーム費用捻出が出来ずに、泣く泣く何もしないで住む事に

成ってしまった事例を見てきました。

【横浜りのべ】では、金融機関の協力の下、『リノベーション付住宅ローン』を提供できることになりました。

これが実現できたことによって 【横浜りのべ】のビジネスモデルが出来上がったのです。

中古マンションを買ってリフォームよりかこいいリノベーションをする為には、

それに対応した住宅ローンが必須です。

私たちが、資金計画が重要です!!

といっている所以です。

まずはお気軽にご相談下さい。 

【横浜りのべ】の役割

 『横浜りのべ』の役割

『横浜りのべ』の仕事は大きく分けて2つです。

1.中古マンション(不動産)の仲介

2.リノベーションの企画・設計・施工

不動産会社 + 設計事務所 + 建設会社 = 横浜りのべ

といえば分かり易いですね。

【横浜りのべ】代表の小野里は、彩コーポレーションの代表でもあります。

 彩コーポレーションは横浜エリアを中心にリフォーム・リノベーション施工や店舗・大規模改修などを手がけています。

大手ゼネコンや設計事務所からの仕事も多く、技術力には定評があります。

私は、マンションデベロッパー・住宅開発(分譲)・リノベーションを手がけて来ました。

 代表の小野里と一年以上かけ構想を練り上げ、誕生した会社が 【横浜りのべ】 です。

・リノベーションの認知と普及

・不動産業と建築業の融合

・地球環境に優しいストック資産のバリューアップ

 テーマです。

ファンドバブルは完全に崩壊しましたが、価値観の変革という功績を残しました。

ファンドは新築以外にも中古物件ををリノベーション(再生)し、バリューアップし、稼働率を上げて転売する。

といったモデルもありました。

このビジネスモデルが、リノベーションという概念と、価値を短期間で世の中に根付かせました。

大きなパラダイムシフトです。

一棟のビルやマンションから、一室単位にスケールダウンさせることにより、更に大きなパラダイムシフトが起きてきます。

マンションの耐用年数は50年~60年といわれています。

内装・設備を一新すれば、新築です。

いい立地に立っているマンションをリノベーションすれば、新築マンションよりも価値が高いはずです。

(一つの場所には一つの建物しか建たない)

主要駅前には出来上がった街があり、中古マンションをバリューアップすれば街の価値も上がります。

リノベーションとうい手法は、不動産の価値を上げる貴重な手段です。

【横浜りのべ】は、不動産業と建設業を融合させることで、リノベーションを身近に感じてもらうことが事業の目的の一つです。

リノベーションのメリットは大きく

1.経済的メリット

2.生活スタイルの質UP

3.無理のない資産形成

などなど、たくさんあります。

このメリットをこれからドンドン伝えて行く予定です。

 

 

100年に一度のチャンス到来!!

【横浜りのべ】 = 【不動産仲介(中古マンション)】+【リノベーション(設計・施工)】

一社で中古マンションの購入からリノベーションまで全てを完結させるワンストップサービスを実現するために生まれた会社です。


はじめまして。
【横浜りのべ】管理人です。

このブログでは、リノベーションにまつわるお話や、新着の不動産情報などリノベーションを成功させる為に必要な情報や、日々の業務の中での小さな幸せな出来事などを書いてゆきます。


初日の本日は、この話題

『100年に一度のチャンス到来!!』

今世の中は、ネガティブな話題であふれています。
リーマンショック以降わずか数ヶ月で、株価は40%以上の下落。
不動産価格も暴落。
その他、日常流れている情報を見ても、明るい材料は見当たりません。

でも、ピンチはチャンスです。

『人の行く裏に道あり花の山』

です。

1~2年前までは、都内不動産投資の目安は利回り5%行けば即買いといわれていましたが、今は利回り10%以上でも買い手はいません。

そんな中、CASHを持っている投資家は、ここぞとばかりにどんどん仕込みをしています。

(私の知り合いの投資家もココゾとばかりに買っています
 彼が狙っている物件は利回り20%以上です。
 5年で投資金額回収です)

『不況は金持ちを作る』
ともいわれていますが、その通りです。

実需の住宅市場も徐々に面白い動きをはじめています。

新築の一戸建て住宅(建売住宅)は2009年3月決算に向けて投売り最終章を迎えています。(在庫処分)
在庫処分が相場を崩し下落に拍車をかけていますが、そろそろ在庫調整を終えるタイミングに入っています。
いわゆる底入れです。

そして中古市場は新築相場の下落に引っ張られ下落していますが、売却を考えている一般の個人ユーザーが売却市場の下落についてこれていません。(2008年末状況)
今年に入り一般個人ユーザーも状況を受け入れ始めて売却に応じはじめています。

2009年1月末現在の現場の動きです。

市場が静かに動き出しています。
これからが、いい時期に成りそうです。

『人の行く裏に道あり花の山』

です。

事業も然りです。
2009年は世の中が転換するでしょう。
大きなチャンスだと捉えています。
100年に一度の大チャンスの中、

『横浜りのべ』出航です!!