• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

2013年9月住宅ローン金利はかなりお得?!

2013年9月の住宅ローン金利は大きく下がります。

2013年になってから、金利の上昇傾向が続いていましたが、
この9月に、住宅ローンを利用される方には、とても有利な状況になっています。

その理由は、消費税UPです。

ご存知の方も多いと思いますが、来年4月に消費税が8%にあがった場合、
新築住宅購入で、物件の引渡が来年4月以降であっても、9月中の契約分であれば
現在の5%が摘要されます。

そこで、各銀行は、この特需を逃すまいと、躍起になって金利引下げ合戦を展開しているのです。

もともと、住宅ローンは銀行にとって、最も安心して貸し出せる唯一の優良債権です。
既に、金利引下げ合戦は始まっていますが、この9月が銀行にとっても大きな勝負処
になっているという訳です。

ちなみに、優遇金利が大きく反映される商品は、10年間固定金利の商品です。

新築住宅購入の方はもちろんですが、
中古住宅購入希望の方にとっては、思いがけないラッキーな話です。

中古住宅を購入しようとしている人にとっては、このチャンスを大いに利用しない手はありません!!

暑い日が続きますが、直近で中古住宅購入を検討中の方は、少し早めに動いた方が良いかもしれませんね。

 

ここからは、おまけの話です。

参考までに、今主流の住宅ローンの組み方は、ミックスと呼ばれるタイプのものです。

変動金利と、固定金利の組み合わせて組むタイプです。

なんといっても、変動金利は、まだまだ最低水準が続いています。
基準金利2.475%から、金利優遇が、▲1.6%。

0.875%という、驚異的な水準です。

住宅ローン控除で、年間1%の税額控除を認めてくれているのですから、
単純計算で、0.125%分の利益が出てしまうという凄い現象が起きています。

 ちなみに、2013年の住宅ローン控除の上限額は、2000万円です。

仮に2000万円の借入残高(12月末日)であれば、最大1%の20万円が
所得税戻ってきます。

実際の計算をすると、ちょっと違うの有るのですが、
分かりやすく説明するために、大雑把な概算で

2000万円を金利0.875%で借りて、年間の金利負担は175,000円です。

住宅ローン控除で、戻ってくる税金が、最大200,000円です。

ローンを使って家を買えば、凡そ25,000円の収益が生まれるという、凄い事が起きているのです。(当然ながらこの25,000円の利益には税金はかかりません(笑))

住宅を買うときには、このような時の税制でも、損得の違いが生まれてくるのです。

但し、変動金利は、金利上昇リスクがありますので、先に説明した、
10年固定と組み合わせてリスクヘッジをされることが賢明だともいます。

 

                  
横浜りのべオリジナル 横浜の中古マンションカタログ!!      http://www.yokohama-mansion.org/

                    
横浜りのべは横浜の中古マンション情報量NO.1 その秘密は!?https://www.yokohama-renova.net/member/create

 

コメント

コメント記入欄を表示

トラックバック

トラックバックURL