• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

中古市場の活性化 20兆円市場に!!

中古住宅の流通・リフォーム市場倍増の20兆円市場に育成

兼ねてから、中古住宅+リフォーム(リノベーション)市場の活性化が叫ばれてきていました。

人口減少社会において、新築市場の伸びる余地もわずかで、
今後は、中古住宅の活用がテーマになってきます。

ここ数年で、リフォームからリノベーションというワードも、一般に浸透してきています。

若い世代の方たちも、堅実になっており、年収制限ギリギリのローンを組むよりも、
少し古めの住宅を買って、自分の好きなようにリノベーションをする選択をする方が、
増えてきています。

但し、融資制度が未整備であり、リノベーション費用の融資が充実しておらず、
リノベーション費用の大多数を自己資金で賄わなければいけない状態が続いていました。

ようやく、国も金融機関も重い腰を上げ始めたといえるでしょう。

中古住宅購入 + リノベーション費用 がまとめて住宅ローンで組めるようになれば、
マーケットサイズは一気に伸び始める事は、容易に理解できます。

私たちにとっては、「やっとか・・・。」

といったところです。

今日の日経新聞の一面に大きく取り上げられていましたが、

現在の市場規模が10兆円

これを2020年に倍の20兆円規模に引き上げる目標であるとのことです。

そのためには、インスペクション(物件の性能評価)と、融資姿勢の整備が必要です。

まだまだ、未整備な市場だけに、この整備がしっかり整えば、

中古不動産購入 + リノベーション が、ニッチなものでなく、当たり前になってきます。

横浜りのべ のコンセプトが、これから益々世の中にマッチしてくると思います。

非常に楽しみです。

更に気を引き締めて、提供できるコンテンツの充実を図って行きたいと思います。

 

横浜りのべ のコンセプトはこちら

 http://www.yokohama-renova.com/renovation/

  

2012年9月23日 日経新聞