• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

横浜 新築 一戸建特集

横浜 新築 一戸建て特集が、本格的にスタートします!!

横浜りのべ のコンセプトは、中古マンションを買ってリノベーションしよう!!

ですが、以前より、新築戸建の要望も多く、新築戸建の特集を本格化することになりました。

マンション派一戸建て派は、よく議論される議題ですが、

どちらも、メリット・デメリットは多く存在します。

横浜の中心エリアは、圧倒的に中古マンション需要は高く、

魅力的な中古マンションも多く、非常に人気が高いです。

中古マンションの魅力は、まずは、利便性です。

駅前・駅近の好立地は、中古マンションならではの特権です。

反面、横浜の中心エリアの中古マンションは、専有面積が比較的小さく作られています。

理由は、分譲ディベロッパーが販売単価を安く抑えるため、ファミリー向けの3LDKでも

70平米程度に抑える場合が多く、主流は、40平米~50平米 1LDKサイズの

コンパクトマンションと呼ばれるマンションが多くなっています。

タワーマンションなど、高級仕様のマンションは、70平米~80平米台が、主流ですが

価格も高額となり、一般的なファミリー層には、てが出し難い価格帯になっています。

ファミリー向けの物件が、少ないため、一部の中古マンションに人気が集中し、中古の流通も

少ないのが現状です。

そこで、一戸建てに目を向けてみると、

一戸建ての床面積は、80平米~100平米の3LDK~4LDKが主流です。

ファミリーが求めている広さ間取がここにあります。

ファミリーのお客さまに、一戸建てをご提案すると

横浜の中心エリアで一戸建て

そんな物件少ないのでは?

といった質問も多いのですが、少しエリアを広げれば、以外にも物件量は、豊富にあるのです。

駐車場つきの物件も多いため、毎月のローンの支払い以外には、管理コストは発生しないため

毎月の負担金額が、低くおさえらる事も魅力の一つです。

 

そしてもう一つのメリットです。

これは、物件にもよりますが、計画途中の一戸建てであれば、カラーオーダーを受け付けてくれる

戸建もあります。

弊社のお客様も、今年6月に完成引渡しを受ける一戸建て物件を購入されたお客様は、

計画初期段階の、未公開物件をご紹介いたしました。(販売活動前にご成約いただきました)

軽微な間取変更から、キッチン・ユニットバス・洗面化粧台などの設備機器のオーダー

フローリングや、ドア、クロスのカラーオーダーも全てしていただきました。

メーカーショールームに出向いていただき、商品の選定をしていただき、ここまで、

毎月数回の定期的な仕様打合せを進めていただいています。

注文住宅と変わらない打ち合わせの密度です。

非常に満足度も高く、完成が待ち遠しい限りです。

 

新築一戸建て本当の楽しみは、注文住宅と変わらないカラーオーダーにあるかもしれません。

これは、横浜りのべのリノベーションのコンセプトと全く同じ楽しみなのです。

 

この楽しみを味わっていただくために、新築一戸建て特集をスタートさせることになったのです。

ご興味がある方は、お問合せ下さい。

                        

コメント

コメント記入欄を表示

トラックバック

トラックバックURL