• ハウスドゥ家・買取専門店横浜関内店
  • 横浜マンションカタログ
プレミアマンション

横浜りのべブログ

横浜りのべブログ

横浜りのべ 不動産投資編BLOG
スタッフブログ

フラット35が利用できるマンションの探し方

最近はフラット35Sの利用が増えています。

フラット35適用可か否かの判断基準は、以下のようになります。


すぐに回答できる場合と、調査が必要な場合が有ります。
簡単に説明します。

①分譲時に分譲会社がフラット35の認定を取ったマンション。

 これは、住宅支援機構のHPに掲載されます。

http://www.flat35.com/f35ums/index.php

この検索画面から、取得可能かどうかがわかります。
(ココには築年数が新しく35Sが可能かしかのっていませんが・・・)

②中古のマンションの場合
  不動産業者が買い取りリノベーションなどをして再販をする場合は、
  事前に適合可能か否かの診断をし、その結果を公表して販売をかけます。

③中古マンションで一般の方が売却させる場合

  売主側の仲介業者の準備次第になります。           

  売主側の仲介業者が調査していない場合は、購入物件が絞られた段階で調査をします。

  最終的に適合証明を取得するのは買主様です。   

  買主が決まり、フラット35を利用する場合は、買主さまの費用負担で
  フラット35適合認定を受けます。

大多数の物件が③になるため、物件を探し始めの段階でフラット35可か否かの
確定判断が出来ないことが一般的です。

フラット35の適合認定を取るためには、認定会社に審査を依頼し調査をしても
らうことになります。(有料・・・8万円前後)
したがって、物件を決定した段階で買主様が調査をかけることになります。

これが一般的な流れです。

ただ、これでは、探す基準がありませんので、適合可能か否かの、大枠での
判断基準があります。
これは弊社の経験値からくる方法ですが、100%では有りません。
但し、確率は高いです。

したがって、最初からフラット35を利用されるとわかっている場合は、
適合している可能性の高い物件をピックアップしています。

簡単な見分け方。

①管理形態がしっかりしている。(大手の管理会社が管理している)
②物件の総戸数が20戸以上
③管理費・修繕積立金が分離して管理してある。
④長期修繕計画が策定してある。

この辺りがポイントです。

フラット35の今年の3月以降利用が急増し始めたからです。

(緊急経済対策でフラット35S の金利が10年間▲1%の優遇対策が決定)

制度改正に、業界自体が追いついていないところが原因です。

現実には、市場で流通しているマンションの全体の60%くらいは、適合可能のイメージです。

また、フラット35が適合であれば、フラット35Sも、かなりの確率で取得できます。

参考にしてください。

 

コメント

コメント記入欄を表示

トラックバック

トラックバックURL